喉の構造と役割

ここでは喉の構造と役割について説明していきましょう。

喉は咽喉とも呼び、大きく分けて咽頭と喉頭の二つに分けられます。咽頭は鼻の奥から食道入り口までで、喉頭は気管の入り口を指します。

喉は鼻からの通り道と口からの通り道の両方の道が交錯する場所です。呼吸において空気を取り入れて気管へ送る役割と、食べた物や水分を食道へ送る役割と、これらを分けるのが喉の大きな役割のひとつです。


sponsored link




他にも喉は埃やウイルスなどの外敵がそれ以上体内へ侵入するのを防ぐ役割も持っています。時には咳という手段を用いて体外へ排出することもあります。
痰が喉に詰まったり絡んだりするのは痰が粘性を強めた為で、元々痰は主に糖蛋白や免疫グロブリン、脂質を含むゲル状の水分です。しかし吸い込んだ埃や塵、細菌やウイルスやアレルゲンなど呼吸器にとって有害となる物質を絡め取ることで粘性を高めて粘り気のある痰へと変化していきます。

最後は声を出すことです。喉の奥には声帯という場所があり、左右の襞(ひだ)が振動することで発声する役割を持っています。人それぞれ微妙に違った形をしているので、発した声はそれぞれ特徴を持った違う音になります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 喉が痛い時の対処法

⇒ 喉の痛みの治し方

⇒ 扁桃腺炎

⇒ 痛みを感じるメカニズム

⇒ 【喉の痛み.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。