喉が痛い時の対処法

ここでは喉が痛い時の対処法について、詳しく説明していきましょう。

喉の痛みの対処法としては、様々な方法があります。以下にご紹介していきますが、その中でも自分の環境や状況に合った方法を選ぶようにしましょう。

のど飴やトローチを舐める
うがいをする
◆口呼吸ではなく鼻呼吸をする
◆喉を温める
マスクを付ける
◆喉に良い飲み物を飲む
◆喉に良い食べ物を摂る


sponsored link




のど飴やトローチを舐める
龍角散のど飴やトローチなどは、喉のイガイガや痛みを和らげてくれます。ただし、舐めすぎると口の中が痺れるような感じがしたりお腹を下して下痢をすることもあるので、舐めすぎには注意しましょう。

うがいをする
うがいをする時は注意点とお勧めの方法があります。まず注意点ですが、冷たい水でうがいをしないことです。冷たい水が喉を必要以上に刺激してしまうので止めましょう。もう一つはブクブクとガラガラの順番です。ブクブクうがいとガラガラうがいは同時に行わず、ブクブクうがいを吐き出してからもう一度ガラガラうがいをするようにしましょう。
またうがいをする時は、水よりお茶でうがいするのがオススメです。お茶に含まれるカテキンの殺菌作用によって、うがいの効果が高まります。カテキンは緑茶や紅茶、ウーロン茶にも多く含まれているので是非お試し下さい。

◆口呼吸ではなく鼻呼吸をする
口呼吸をすると喉がすぐ乾燥してしまいます。鼻呼吸の場合は鼻腔内で空気の洗浄と加湿加温がされるため、喉を傷めることなく呼吸が出来ます。鼻づまりの場合では厳しいですが、「呼吸は鼻で」を心掛けましょう。

◆喉を温める
喉の痛みの原因となっている病原菌は低温下で活動を活発にするため、喉を温めることで活動を弱めることが出来ます。マフラーやスカーフなどを着用して、首元が冷えないようにしましょう。外出時はホッカイロを中に入れておくのも一つです。

マスクを付ける
マスクには主に3つの役割があります。飛沫の予防・侵入の予防・喉の保湿で、このうち喉の痛みを和らげる目的としては喉の保湿です。喉が痛い時は、外出時はもちろん屋内でもマスクを着用した方が良いです。就寝時も着用して構いませんし、出来ればマスクを濡らした濡れマスクを使用する方がより効果が高いでしょう。

◆喉に良い飲み物を飲む
生姜湯やはちみつレモン、アロエ汁やお茶など喉に良い飲み物を飲むことも重要です。これらは喉を潤すと共に殺菌効果もあるので、喉が痛い時に最適な飲み物です。さらに冷たい状態より温かくして飲む方が効果が高いでしょう。
・・・もっと詳しくは喉に良い飲み物の紹介ページへ

◆喉に良い食べ物を摂る
大根おろしやネギ、れんこんや梨などの食べ物が喉に良い食べ物として挙げられます。これらは殺菌効果や抗炎症作用があるので、食事の際に取り入れてみてはいかがでしょうか。
・・・もっと詳しくは喉に良い食べ物の紹介ページへ


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 喉の痛みの治し方

⇒ 効果的なツボ

⇒ 喉の痛みと薬

⇒ 効果的な漢方

⇒ 【喉の痛み.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。