咳や喘息

ここでは喉の痛みの原因となる、咳や喘息について詳しく説明していきます。

咳は肺や気道から空気を強制的に排出しようとする反射運動です。埃や細菌を空気と一緒に取り込んだ時に、体外へ排出しようとする動きです。咽頭や気道や気管支の粘膜の刺激が誘引となって起こります。
咳には乾性と湿性があり、乾性は痰を伴わない空咳のことで、湿性は痰や血痰を伴う咳です。
湿性、特に血痰を伴う場合は気道の炎症性病変や肺水腫の疑いもある為、適切な診断が必要となります。


sponsored link




そして喘息は基本的に気管支喘息の事を指し、アレルギー反応や細菌やウイルス感染などが発端となった気管支の炎症が慢性化して、発作的に咳や喘鳴を起こしている状態です。
喘息は喘鳴(ゼイゼイ、ヒューヒューなど)や強い咳が続き、酷い場合は呼吸困難に陥ることがある為、放っておくのは非常に危険な病気です。しかも普通の咳止め薬が効かないことが大半なので、吸入ステロイド薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン薬、β2刺激薬、抗アレルギー薬などが用いられます。

また、喘息の発作を悪化させない為には、規則正しくストレスを溜めない生活を送ることが重要です。ダニやハウスダスト、埃やペットの毛などを除く為にこまめに掃除をすることも必要となるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 花粉症

⇒ 気管支炎

⇒ 喉の粘膜

⇒ 喉を守る予防法

⇒ 【喉の痛み.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。