痛みを感じるメカニズム

ここでは喉に痛みを感じるメカニズムに焦点を当てて、説明していきたいと思います。

人はなぜ痛みを感じるのか、痛みを感じるのは自身の体を正常に保つ為と言われています。
怪我など身体を損傷した場合に、その刺激が電気信号へと形を変えることで末梢神経を通って脊椎神経に伝えられて、最終的には脳に届き「痛み」を認識するというワケです。


sponsored link




痛みを感じた脳は痛みを感じるだけで痛みを終わらせるわけではありません。しかし今度は治癒を目的に行動を起こします。痛みを感じている間は安静を取るように思考し、発汗を促して体温調節を行うことで患部を冷やしたりして炎症を防ごうとする思考もします。
これは脳がまだ成熟していない子供でも同じです。痛みを感じるとその痛みが大きければ大きいほど、泣くという行動を取って周りに助けを求めます。すべて脳が命令しているのです。

喉の痛みも同じように、何かしらの原因によって喉の細胞が破壊されてしまう時に、痛みという信号を脳へ伝達することで脳が喉の痛みを感知するのです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 構造と役割

⇒ 喉の粘膜

⇒ 喉が痛い時の対処法

⇒ 喉の痛みの治し方

⇒ 効果的なツボ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。