喉の痛みと薬

ここでは喉の痛みに効く薬について、詳しく説明していきます。

喉が痛い時に使用する薬には、様々な種類やタイプがあります。錠剤タイプやカプセルタイプ、粉末タイプや液体タイプ、塗布薬タイプからスプレータイプなど、多くの仕様があります。病院で処方される薬の場合は錠剤タイプものが多いですが、医師や薬剤師に相談すれば粉末タイプなどに変更することは出来ます。喉の痛みに対する処方箋は、以下のような薬が出されます。
ロキソニン・・・痛み止めとして有名な薬。喉の炎症や腫れを抑えて痛みを和らげます。
ムコダイン・・・去痰薬です。痰をさらさらにして出しやすくします。
レスプレン・・・咳止め薬です。咳中枢の興奮を鎮め咳を止めます。ムコダインとセットで出されることも多いです。
トランサミン・・・抗プラスミン薬と呼ばれ、炎症やアレルギー反応を抑える効果があるお薬です。
カロナール・・・子供向けの解熱鎮痛剤としてよく処方されます。強い炎症に対しては効き目が弱いです。


sponsored link




市販薬の場合は色々な成分が一粒に含まれています。市販薬を選ぶ際の注意点としては、パッケージの側面や裏面に記載されている「効果・効能」の説明書きを良く見ることです。ほとんどは風邪薬として市販されていますが、その中でも同じ製薬会社でほとんど同じ名前の薬を見かけると思います。同じメーカーでも少し違うのは、その薬がどの症状に対して効果が高い薬かを分けている為です。喉の痛みなら喉の痛みを推している薬、発熱には解熱を推している薬など症状によって選ぶようにして下さい。

以下に代表的な市販薬をご紹介していきます。
エスタックイブ】・・・エスエス製薬の風邪薬です。喉の痛みと発熱などの風邪の諸症状に効果があります。イブプロフェン、ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、無水カフェイン、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンCが配合されています。
ベンザブロックLプラス】・・・武田薬品の風邪薬です。こちらも喉の痛みと発熱に良く効く総合風邪薬です。。イブプロフェン、ジヒドロコデインリン酸塩、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、無水カフェイン、L-カルボシステイン、塩酸プソイドエフェドリンが配合されています。
ルルアタックEX】・・・第一三共の風邪薬です。喉からくる風邪に特化した薬です。トラネキサム酸、イブプロフェン 、クレマスチンフマル酸塩、ブロムヘキシン塩酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンB2が配合されています。
ぺラックT錠】・・・同じく第一三共のお薬です。咽頭炎や扁桃炎、口内炎に適しています。トラネキサム酸、カンゾウ乾燥エキス、ビタミンB6、ビタミンB2、L-アスコルビン酸ナトリウムが配合されています。
パブロンS】・・・大正製薬の風邪薬です。痰がよく絡む方に向いています。ブロムヘキシン塩酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、アセトアミノフェン、リゾチーム塩酸塩、マレイン酸カルビノキサミン、無水カフェイン、ビタミンB1誘導体、ビタミンB2が配合されています。

基本的にどのお薬でも喉の痛みを抑える効能に大きな差はありませんが、薬の作用と言うものは個人差が付き物です。どの薬が自分に合った物かを薬剤師と相談しながら、選ぶようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 効果的な漢方

⇒ 喉の痛みの治し方

⇒ 喉が痛い時の対処法

⇒ 効果的なツボ

⇒ 【喉の痛み.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。