気管支炎

ここでは喉の痛みの原因である、気管支炎について詳しく説明していきます。

咽頭と肺を結んだ空気を取り入れる通り道を気道と呼び、咽頭から肺までのひとつの管を気管と呼びます。気管支はその気管から肺に 枝分かれしたものです。気管支炎はその気管支が炎症を起こしている状態を言います。
気管支は細菌やウイルスに敏感に反応し、特にアレルギー体質を持つ人は喘息を発症して、ひどい咳込みによって呼吸困難に陥るケースも少なくありません。


sponsored link




気管支炎は急性のものと慢性のものに分けられます。急性気管支炎では発熱や頭痛、激しい咳などが主な症状となります。慢性気管支炎は咳・痰が2年以上続いていて、毎年3か月以上継続している状態を言い、慢性的に痰が出る、時に呼吸困難に陥るなどの症状が挙げられます。

気管支炎の治療としては、まずネブライザーなどで気道を浄化し去痰剤で痰を除去して、鎮咳剤で咳の沈静化を行います。細菌感染の場合は抗生剤を内服し、アレルギー性のものでは抗アレルギー剤を投与して対応します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 咳・喘息

⇒ 扁桃腺炎

⇒ 喉を守る予防法

⇒ 効果的なツボ

⇒ 【喉の痛み.com】TOPへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
nodonoitami21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。